高槻城公園芸術文化劇場

高槻市に2023年3月新劇場オープン!高槻市に2023年3月新劇場オープン!

市民会館から新たな劇場へ

2023年3月、高槻城公園に新たな劇場がオープンします。コンサート、発表会、結婚式、成人祭。たくさんの思い出が詰まった市民会館。高槻城公園芸術文化劇場は、市民会館の記憶を引き継ぎ、高槻のシンボルにふさわしい施設を目指して整備を進めています。かつて高山右近が城主を務めた高槻城二の丸跡。この貴重な場所に、緑に囲まれた憩いの場として、生まれ変わります。
演劇やダンスなどの公演、オーケストラによるコンサート、子どもが文化芸術を体験できるイベントなど、 多彩な文化事業を展開し、市内外に発信していきます。

開館記念プレイベント開催決定

プレイベント

7月いっぱいで閉館する市民会館と来年3月に歴史の幕が上がる高槻城公園芸術文化劇場。
その合間の9月の8日間、国内外で高い評価を得る2組のアーティストによる思い出と驚きが出会うアートの時間が現れます。文化施設の建替えという貴重な「幕間(まくあい)」に出会う、新しい体験をお楽しみに! 詳細は、公式ホームページをご覧ください。

施設紹介

建物外観

公園の木立の風情を纏う
木ルーバーの外装

劇場のオープンに合わせて、高槻城公園に新しいエリアが加わります。かつての高槻城を思わせる堀や塀を再現するなど、歴史的な遺構を現代的にデザインします。外壁は公園の木立に溶け込むようにイメージした木材(ルーバー)を張り巡らせるなど、周辺環境に配慮したデザインとします。

エントランス広場

エントランス広場
広場・カフェ・エントランスロビーの
一体感のある空間

エントランスロビーやカフェに広く面した屋外広場は、イベント空間として一体的な利用が可能で、様々な催しの舞台として活用することができます。

エントランスロビー

エントランスロビー
緑の風景と柔らかな光に包まれた
エントランス空間

入口を入ると大ホール、小ホール、憩いのカフェ、スタジオなどの創造交流エリアが顔を出し、主要なアクティビティが明快に一望できます。

高槻城公園芸術文化劇場 南館

ホール

トリシマホール
木キューブに囲まれた
迫力ある大ホール

トリシマホール

北摂最大級で、音楽公演、舞台公演など多彩な用途に使用可能なホールです。壁面から天井まで木製のキューブに覆われた特徴的なデザインで、高い音響効果と非日常の空間を実現しています。

舞台装置

プロセニアム開口可変装置、全電動式吊物バトン、吊上式音響反射板、オーケストラピット(組立式)、西陣綴織緞帳、引割緞帳

客席数

1,506席(1階席:固定席978席、車椅子席6席、2階席:固定席522席)、親子室2室

舞台寸法

プロセニアム形式/開口16m、高さ9~11m(可変)、奥行15.9m
音響反射板形式/開口18m、高さ13m、奥行12m

楽屋

8室(大楽屋2室、中楽屋2室、小楽屋4室)

太陽ファルマテックホール
緑に包まれる小ホール

太陽ファルマテック

木のぬくもりを感じさせるコンサートホールです。壁面を囲む木ルーバー、サイドバルコニーからは公園の緑が見えてリラックスできる空間を実現しています。

舞台装置

オープン形式(シューボックス形式)、看板バトン、ホリゾント幕

客席数

205席(固定席203席、車椅子席2席)、立見スペース(バルコニー)、親子室1室

舞台寸法

開口10m、高さ10.8m、奥行5.9m

楽屋

3室(中楽屋1室、小楽屋2室)

大スタジオ
黒を基調とした第3のホール
大スタジオ

大スタジオ

高槻初の本格的な演劇・ダンス公演に適した施設。高い上演機能と自由度の高い空間を実現しています。

客席数

段床客席 最大168席(可変)
車椅子席あり

面積

318㎡

舞台寸法

開口14.5m、高さ5.7m、奥行7.5m

楽屋

1室

中小スタジオ
音楽やダンス、会議もできる
10のスタジオ

中小スタジオ

多様な文化芸術活動に取り組むことができるよう、規模や仕様の異なるスタジオを整備します。

室数・面積

中スタジオ4室(66~140㎡)
小スタジオ6室(26~40㎡)

主な利用目的

音楽利用、演劇・ダンス利用、ワークショップや会議、展示など

建物概要

B1F平面図
クリックで拡大
  • 大ホール部門
  • 小ホール部門
  • 創造交流部門
  • 執務室等・駐車場・駐輪場等・その他
  • 共用部門

公園の散策路に施設のエントランスを一体的に計画することで、公園と施設の一体感を高めています。公園利用、施設利用の境をなくすことで、公園にもまちにも開かれた施設としています。
なお、現在の高槻現代劇場文化ホールは北館として引き続きご利用いただけます。

開館時間

9:00~22:00(窓口受付時間 9:00~17:15)

休館日

月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)

※別途臨時休館あり

駐車場

約150台(地下2階・有料)
大型車駐車場2台(地上・有料)
営業時間7:00~23:00(年中無休)

駐輪場

約350台(無料)(地上約200台、地下1階約150台)

利用・予約のご案内

*高槻城公園芸術文化劇場の施設利用は、高槻現代劇場で受付しています。

  1. 利用者登録

    高槻城公園芸術文化劇場の施設利用・予約には、事前に施設窓口での利用者登録が必要です。

  2. 申込方法・申込期間

    高槻城公園芸術文化劇場は<ホール系施設>(トリシマホール・中ホール・太陽ファルマテックホール・大スタジオ)と、<中小スタジオ・会議室系施設>(中小スタジオ、レセプションルーム、展示室、和室等)に分かれており、申込期間や申込方法が異なります。

    • <ホール系施設>の抽選エントリーは所定のエントリーシートでお申し込みください。
    • 詳しい申込方法、申込期間・料金は利用のご案内PDFをご覧ください。
    • 具体的な日程については、申込日一覧PDFをご覧ください。
  3. 受付場所

    高槻現代劇場窓口
    高槻市野見町2-33 高槻現代劇場-市民会館3階 (TEL:072-671-1061 9:00~17:15)

    • 休館日=毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
    • 市民会館閉館に伴い、令和4年8月~令和5年3月下旬までは、高槻現代劇場-文化ホール2階の仮事務所で受付します。

アクセス

大阪・京都からも近く、JR高槻駅から徒歩約13分、阪急高槻市駅から徒歩約8分の好アクセス。

近隣マップ

電車で

大阪から

  • JR大阪駅からJR高槻駅まで新快速で 約15分
  • 阪急大阪梅田駅から阪急高槻市駅まで特急で 約20分

京都から

  • JR京都駅からJR高槻駅まで新快速で 約15分
  • 阪急京都河原町駅から阪急高槻市駅まで特急で 約20分

最寄駅より

徒歩で

  • JR高槻駅より 約13分
  • 阪急高槻市駅より 約8分

寄附のお願い

施設整備やコンサートなどの文化事業に活用するため寄附を募集しています。
新劇場の魅力向上に向け、応援をよろしくお願いします。

高槻城公園芸術文化劇場

ロゴデザインについて

このデザインは、一般公募した作品の中から人気投票によって選ばれました。お城のイメージ、緞帳(舞台の幕)、建物の特徴である縦格子(ルーバー)をモチーフに、歴史的な跡地で、さまざまな人たちに利用していただく、開かれた発信拠点を末広に繁栄するイメージで表現しています。